エコトレFX/ひまわり証券

エコトレFX/ひまわり証券

エコトレFX/ひまわり証券とは

エコトレFXは、ひまわり証券が提供している選択型システムトレードです。あらかじめ用意されたストラテジーを運用成績から選んでトレードをする形の自動売買システムです。

ストラテジー数は約100種類で、ストラテジープロバイダーはミラートレーダーなどにもストラテジーを提供している「株式会社ゴゴジャン」「株式会社テラス」など実力のあるプロバイダーが揃っています。

ストラテジーの検索方法は、通貨ペア、収益、勝率、最大ドローダウン、時間枠、タイプ(一発逆転、コツコツ、トレンド・・・)などがあり、ポートフォリオジェネレーターを利用すると複数のストラテジーの中から、指定した条件で最適なストラテジーの組み合わせを自動生成してくれます。

コスト面では、取引手数料が50円(税別)、スプレッドはレギュラー口座に+1.0pipsぐらい加えたスプレッド設定になっています。選択型システムトレードの中でも、トレードコストは高めの設定と言えます。

他の特徴としては、リピート系発注機能の「ループ・イフダン」を利用することができます。また、手動決済ができるなど、自動売買の選択肢は多く用意されています。

ストラテジー数は多いとは言えませんが、使い勝手の良い選択型システムトレードです。ただし、トレードコストはやや高めの設定ですので注意が必要です。

エコトレFX/ひまわり証券

7.9

自動売買システムの使いやすさ

8.5/10

ストラテジーの選択肢の多さ

8.0/10

収益性の高さ

8.0/10

情報の質と数

7.0/10

サポートの質

8.0/10

良い点

  • ストラテジー数は約100種類
  • ポートフォリオジェネレーターでストラテジーの最適な組み合わせを生成
  • リピート系発注機能の「ループ・イフダン」が利用可能
  • 手動決済が利用可能
  • タイプ別にストラテジー検索が利用できる

悪い点

  • スプレッドと取引手数料がやや高めの設定
  • ストラテジー数が物足りない
  • 初心者には使いにくい機能・デザイン
  • 1万通貨からしかトレード可能できない

みんなのシストレ/トレイダーズ概要

取引システムエコトレFX
ループ・イフダン
ストラテジー数約100種類
ストラテジー独自検索機能ポートフォリオジェネレーターで複数のシステムの最適な組み合わせを生成
自動売買コストスプレッドに含む
トレード環境ブラウザ型(ガラケー・スマホ対応)
選択型システムトレード以外のトレードループ・イフダン
売買手数料
(片道)
108円
スプレッド
(米ドル/円)
2.0銭
取引単位1万通貨

エコトレFX/ひまわり証券のメリット

  • ストラテジー数は約100種類
  • ポートフォリオジェネレーターでストラテジーの最適な組み合わせを生成
  • リピート系発注機能の「ループ・イフダン」が利用可能
  • 手動決済が利用可能
  • タイプ別にストラテジー検索が利用できる

エコトレFX/ひまわり証券のデメリット

  • スプレッドと取引手数料がやや高めの設定
  • ストラテジー数が物足りない
  • 初心者には使いにくい機能・デザイン
  • 1万通貨からしかトレード可能できない

エコトレFX/ひまわり証券のおすすめポイント

concierge

利用する選択肢が多いことが最大のメリットと言えます。

選択型システムトレードもできますし、ループ・イフダンでのリピート発注も可能です。選択型システムトレード中に、手動で決済をすることも可能ですので、自動売買の選択肢は多く、状況に合わせて使い分けることが可能です。

また、ポートフォリオジェネレーターでは、希望条件を入力すれあ、自動的に最適なストラテジーの組み合わせを生成してくれるので、悩まずに複数のストラテジーのポートフォリオを組むことができます。

いろいろな投資方法で自動売買を行いたい投資家におすすめできます。

エコトレFX/ひまわり証券のおすすめできないポイント

concierge

トレードコストが高めの設定となっています。

  • 米ドル/円のスプレッド:2.0pips
  • 取引手数料:50円(税別)

ですので、合算するとトレードコストは2.5pipsです。システムトレードですので、このぐらいのトレードコストは決して珍しい設定ではありませんが、トレードコストの高さは気になる点です。

あとは、若干システムが古いため、使い勝手やデザインも満足できないものになっています。

エコトレFX/ひまわり証券のストラテジー数

数100種類のストラテジー数は少ない印象です。初心者にとっては、少ない方が判断はしやすいというメリットがあります。

ストラテジー数約100種類
ストラテジー独自検索機能ポートフォリオジェネレーターで複数のシステムの最適な組み合わせを生成

エコトレFX/ひまわり証券のスプレッド・取引手数料

エコトレFX/ひまわり証券のスプレッドはレギュラー口座+1.0pips程度の設定となっています。米ドル/円で2.0pipsです。取引手数料も50円(税別)ですので、トレードコストはやや高めの設定です。

自動売買コストスプレッドに含む
売買手数料
(片道)
108円
トレードコスト
(米ドル/円)
(1万通貨)
416円
スプレッド
(米ドル/円)
2.0銭
スプレッド
(ユーロ/円)
4.0銭
スプレッド
(英ポンド/円)
7.0銭
スプレッド
(豪ドル/円)
5.0銭
スプレッド
(NZドル/円)
7.0銭
スプレッド(ユーロ/
米ドル)
2.0pips

エコトレFX/ひまわり証券の最低入金額・最低取引通貨量

1万通貨からトレード可能です。ハードルは高く設定されています。

初回入金額0円
取引単位1万通貨

エコトレFX/ひまわり証券の独自ツール、独自コンテンツ

エコトレFXではリピート系発注機能「ループ・イフダン」が利用できるようになっています。選択型システムトレードだけでなく、リピート系発注機能も使えるメリットがあります。

また、ポートフォリオジェネレーターでは、指定した条件にあった複数のストラテジーの最適な組み合わせをピックアプしてくれます。

エコトレFX/ひまわり証券のストラテジー検索画面

詳細検索

詳細検索

ストラテジー詳細ページ

ストラテジー詳細ページ

ポートフォリオジェネレーター

ポートフォリオジェネレーター

おすすめポートフォリオ

おすすめポートフォリオ

エコトレFX/ひまわり証券の口座情報

人気ランキング2位
FX業者名エコトレFX/ひまわり証券
エコトレFX/ひまわり証券
取引システムエコトレFX
ループ・イフダン
ストラテジー数約100種類
ストラテジー独自検索機能ポートフォリオジェネレーターで複数のシステムの最適な組み合わせを生成
自動売買コストスプレッドに含む
トレード環境ブラウザ型(ガラケー・スマホ対応)
選択型システムトレード以外のトレードループ・イフダン
売買手数料
(片道)
108円
トレードコスト
(米ドル/円)
(1万通貨)
416円
スプレッド
(米ドル/円)
2.0銭
スプレッド
(ユーロ/円)
4.0銭
スプレッド
(英ポンド/円)
7.0銭
スプレッド
(豪ドル/円)
5.0銭
スプレッド
(NZドル/円)
7.0銭
スプレッド(ユーロ/
米ドル)
2.0pips
スワップ金利
(米ドル/円)
非公開
スワップ金利
(ユーロ/円)
非公開
スワップ金利
(英ポンド/円)
非公開
スワップ金利
(豪ドル/円)
非公開
スワップ金利
(NZドル/円)
非公開
スワップ金利
(南アフリカランド/円)
非公開
スワップ金利
情報取得日
2016/10/17
通貨ペア総数24通貨ペア
米ドル/円などメジャー通貨ペア
通貨ペア
(ユーロ/米ドル)
通貨ペア
(英ポンド/米ドル)
通貨ペア
(豪ドル/米ドル)
通貨ペア
(南アフリカランド/円)
通貨ペア
(トルコリラ/円)
×
通貨ペア
(中国元/円
×
最大レバレッジ25倍
初回入金額0円
取引単位1万通貨
FX WAVE×
GI24
Market Win24×
ロイター×
ダウ・ジョーンズ×
その他
為替ニュース
独自その他
板情報×
入金手数料
(日本円)
クイック入金サービスは無料
出金手数料
(日本円)
会社負担
クイック入金
オンライン出金
米ドル口座×
現受渡し×
逆指値
(ストップ注文)OCO,IFD,IFO注文
×
トレール注文×
使用システム独自
ウェブブラウザ型/インストール型ウェブブラウザ型
Mac対応
売買シグナル×
システムトレード
デモ口座×
iPhone
Android
NTTドコモ
iモード
au
EZweb
SoftBank
Yahoo!ケータイ
相場情報
モバイル
メール配信
×
ロスカット
ロスカット
アラートメール
×
価格通知メール×
約定通知メール
口座数-
証拠金残高-
自己資本規制比率621.2%(2016/09時点)
資本金43億3002万8128円(2016/11時点)
証拠金
信託先銀行
三井住友銀行
決算情報公開
上場-

エコトレFX/ひまわり証券

7.9

自動売買システムの使いやすさ

8.5/10

ストラテジーの選択肢の多さ

8.0/10

収益性の高さ

8.0/10

情報の質と数

7.0/10

サポートの質

8.0/10

良い点

  • ストラテジー数は約100種類
  • ポートフォリオジェネレーターでストラテジーの最適な組み合わせを生成
  • リピート系発注機能の「ループ・イフダン」が利用可能
  • 手動決済が利用可能
  • タイプ別にストラテジー検索が利用できる

悪い点

  • スプレッドと取引手数料がやや高めの設定
  • ストラテジー数が物足りない
  • 初心者には使いにくい機能・デザイン
  • 1万通貨からしかトレード可能できない

2 件のコメント

  • 総合評価
    8.4点/10点
    とても満足

    FXトレード歴:5年~10年未満
    FX取引頻度:
    FX取引損益:
    取引ツールを利用するデバイス:
    FX運用額:

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    自分でトレードする時間がないから
    自分でトレードするノウハウがないから
    自分のトレード手法を自動化したかったから

    FX会社を選んだ理由

    運用成績の高いストラテジーがあったから

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    はじめに設定しておけば、全自動で取引をしてくれるところ。あらかじめ設定された売買シグナルが発生すると24時間365日全自動でエントリーやエグジットをしてくれるため、常にパソコンの前に張り付いている必要がない。また、これまでの運用成績や利益等が公表されていたり、複雑な売買シグナルを理解することなく、コンピュータプログラムが全自動で取引をしてくれるため、エントリーを間違えたり、見逃したり、躊躇して見送ったりすることがない。利益確定も損切りも感情が介入することが全くなく、文字通り機械的に取引をしてくれるのも大きなメリットである。そして、プロが開発したプログラムを無料で利用でき、FXの売買手法やチャートの見方を勉強する必要がない。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    自動売買システムによって、得意な相場とそうでない相場があり、その時々に見合ったシステムを選択しないと、利益を出すどころか損失ばかりを出すことになること。このシステムの選択だけは、自動ではなく自身で手動で選択するしかなく、システムのストラテジーを理解していないと適切なシステムを選択することができない。また、まれにシステムのプログラムにバグがあったり、FX会社のサーバーの能力が不足していたりすることにより、あらかじめ設定された売買シグナルで取引がされないこともある。しかしながら、この欠点はある程度実績があるFX会社を利用することにより、解決することができる。そして、利益をより上げやすくするためスプレッドの小さいFX会社を選びたくても、FX会社の選択肢が限られてしまうのがシステムトレードの欠点である。

  • 自動売買システムの使いやすさ

    8.00

    ストラテジーの選択肢の多さ

    9.00

    収益性の高さ

    9.00

    情報の質と数

    8.00

    サポートの質

    8.00

    総合評価
    8.4点/10点
    とても満足

    FXトレード歴:5年~10年未満
    FX取引頻度:
    FX取引損益:
    取引ツールを利用するデバイス:
    FX運用額:

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    自分でトレードする時間がないから
    自分でトレードするノウハウがないから
    自分のトレード手法を自動化したかったから

    FX会社を選んだ理由

    運用成績の高いストラテジーがあったから

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    はじめに設定しておけば、全自動で取引をしてくれるところ。あらかじめ設定された売買シグナルが発生すると24時間365日全自動でエントリーやエグジットをしてくれるため、常にパソコンの前に張り付いている必要がない。また、これまでの運用成績や利益等が公表されていたり、複雑な売買シグナルを理解することなく、コンピュータプログラムが全自動で取引をしてくれるため、エントリーを間違えたり、見逃したり、躊躇して見送ったりすることがない。利益確定も損切りも感情が介入することが全くなく、文字通り機械的に取引をしてくれるのも大きなメリットである。そして、プロが開発したプログラムを無料で利用でき、FXの売買手法やチャートの見方を勉強する必要がない。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    自動売買システムによって、得意な相場とそうでない相場があり、その時々に見合ったシステムを選択しないと、利益を出すどころか損失ばかりを出すことになること。このシステムの選択だけは、自動ではなく自身で手動で選択するしかなく、システムのストラテジーを理解していないと適切なシステムを選択することができない。また、まれにシステムのプログラムにバグがあったり、FX会社のサーバーの能力が不足していたりすることにより、あらかじめ設定された売買シグナルで取引がされないこともある。しかしながら、この欠点はある程度実績があるFX会社を利用することにより、解決することができる。そして、利益をより上げやすくするためスプレッドの小さいFX会社を選びたくても、FX会社の選択肢が限られてしまうのがシステムトレードの欠点である。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です