FX自動売買システムの種類と実績比較。おすすめのFX自動売買システムは?

woman
「FX自動売買システムって何があるの?」
「どれを選んでよいのか?わからない。」

FXの自動売買に興味を持つ投資家の中にも、このような疑問を持っている方も少なくないはずです。今回は、FX自動売買システムをメリットデメリットで比較し、おすすめの自動売買システムを解説します。

目次

FX自動売買システムの種類

比較項目選択型のFX自動売買システムインストール型のFX自動売買システムリピート系発注機能のFX自動売買システム開発型のFX自動売買システム
代表的なトレードプラットフォームミラートレーダーMT4(メタトレーダー4)iサイクル注文
ループイフダン
トラリピ
MT4(メタトレーダー4)
シストレFX
ストラテジーはじめからストラテジーがインストールされていて選ぶだけ掲示板や販売サイトで売られているストラテジーを無料、有料で入手し、トレードプラットフォームに自分でインストールするリピート注文の基本的なシステムは決まっていて、いくつかのカスタマイズできつ部分を自分で設定する自分のトレードルールを元に自分用のストラテジーを開発する
ストラテジーの数500~1000個100,000個~50~500個自分で開発
ストラテジーの収益性高い高い低い自分次第
メリット・ストラテジーを探してくる必要がない
・使い勝手が良く、トレードまでが簡単
・投資助言報酬が発生しない
・スプレッドが狭いFX業者が多い
・バックテストや開発機能を備えている
・ストラテジーの選択肢が広い
・自分である程度の設定できる
・運用成績の良い設定から選ぶことも可能
・裁量トレードと併用できる
・自分の好きなようにストラテジーを開発できる
・自分のトレードスタイルを自動化可能
デメリット・投資助言報酬が発生する
・スプレッドが広い、公開されていない
・ストラテジーの選択肢が狭い
・自分で開発することができない
・ストラテジーの数が多い分、玉石混交
・ストラテジー選びのスキルが必要になる
・自分でストラテジーを探す必要がある
・ストラテジーは有料のものも多い
・投資助言報酬が発生することもある
・スプレッドが広い、公開されていない
・ある程度の知識がないと設定に迷う
・リピートの方法がシンプルなので収益性が低い
・開発するためにはある程度の開発スキルが必要
・裁量トレードで収益を上げられてないとストラテジー化しても意味がない
おすすめの方初心者~中級者初心者~上級者中級者~上級者上級者

1.選択型の自動売買システム

選択型のFX自動売買システムとは

はじめから複数のストラテジーが用意されていて、それを選択するだけで自動売買が可能になるFX自動売買システムのこと

を言います。

代表的なトレードプラットフォーム

ミラートレーダー

代表的なトレードプラットフォーム

メリット

  • ストラテジーを探してくる必要がない
  • 使い勝手が良く、トレードまでが簡単

デメリット

  • 投資助言報酬が発生することもある
  • スプレッドが広い
  • ストラテジーの選択肢が狭い
  • 自分で開発することができない

2.インストール型のFX自動売買システム

インストール型のFX自動売買システムとは

ストラテジーを自分でダウンロード、購入、開発して、それをインストールすることでそのストラテジーで自動売買が可能になるFX自動売買システムのこと

を言います。

代表的なトレードプラットフォーム

MT4(メタトレーダー4)

代表的なトレードプラットフォーム

メリット

  • 投資助言報酬が発生しない
  • スプレッドが狭いFX業者が多い
  • バックテストや開発機能を備えている
  • ストラテジーの選択肢が広い

デメリット

  • 数が多い分、玉石混交
  • ストラテジー選びのスキルが必要になる
  • 自分でストラテジーを探す必要がある
  • ストラテジーは有料のものも多い

3.リピート系発注機能の自動売買システム

リピート系発注機能の自動売買システムとは

簡単な設定をするだけで、注文・決済を自動的に繰り返してくれるFX自動売買システムのこと

を言います。

代表的なトレードプラットフォーム

iサイクル注文
ループイフダン
トラリピ

代表的なトレードプラットフォーム

メリット

  • 自分である程度の設定できる
  • 運用成績の良い設定から選ぶことも可能
  • 裁量トレードと併用できる

デメリット

  • 投資助言報酬が発生することもある
  • スプレッドが広い
  • ある程度の知識がないと設定に迷う
  • リピートの方法がシンプルなので収益性が低い

4.開発型の自動売買システム

開発型の自動売買システムとは

自分でストラテジーを開発できる開発機能があるFX自動売買システムのこと

を言います。

代表的なトレードプラットフォーム

MT4(メタトレーダー4)
シストレFX

代表的なトレードプラットフォーム

メリット

  • 自分の好きなようにストラテジーを開発できる
  • 自分のトレードスタイルを自動化可能

デメリット

  • 開発するためにはある程度の開発スキルが必要
  • 裁量トレードで収益を上げられてないとストラテジー化しても意味がない

FX自動売買システムの実績データ比較

MT4とミラートレーダーはストラテジーが同じ!?

2017年9月時点の「FX自動売買システム横断ストラテジー損益ランキング」を見てみると

FX自動売買システム横断ストラテジー損益ランキングは、3か月の運用成績順にすべての自動売買システムを収益率の高いにランキング化したものです。

システム名調査対象調査月ランキングシステム名実現損益
MT4テラス2017年9月1位CrossPortfolio2,428,333円
ミラートレーダーセントラルミラートレーダー2017年9月2位CrossPortfolio2,428,333円
MT4テラス2017年9月3位MileStone1,808,333円
ミラートレーダーセントラルミラートレーダー2017年9月4位MileStone1,808,333円
MT4テラス2017年9月5位EasySwing ver1.01,741,667円
ミラートレーダーセントラルミラートレーダー2017年9月6位EasySwing ver1.01,741,667円
MT4テラス2017年9月7位5iveNations[USDJPY]1,646,667円
ミラートレーダーセントラルミラートレーダー2017年9月8位5iveNations[USDJPY]1,646,667円
MT4テラス2017年9月9位5iveNations[EURJPY]1,430,000円

と「ミラートレーダー」と「MT4」で重複していることがわかります。

これはなぜかというと

同じストラテジープロバイダーが、ミラートレーダーにも、EA販売サイト「テラス」にも、同じストラテジーを供給しているからなのです。

セントラルミラートレーダーのストラテジープロバイダーを見てみると

EA販売サイト「fx-on」を運営している株式会社ゴゴジャン

EA販売サイト「fx-on」を運営している株式会社ゴゴジャン

世界的なストラテジープロバイダーTradency Inc.

世界的なストラテジープロバイダーTradency Inc.

が参加しています。

結局、MT4も、ミラートレーダーも、同じストラテジープロバイダーがストラテジーを供給しているのです。

だからこそ、収益率でランキング化したら、重複してしまうのです。

MT4とミラートレーダーはどちらを選ぶべき?

MT4とミラートレーダーがほぼ同じストラテジーだとしたら、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

MT4でのFX自動売買の特徴

  • 無料のEAもある
  • 投資助言報酬がない
  • スプレッドも裁量トレード時のスプレッドと同じ
  • ミラートレーダーと同じストラテジーを選ぶなら購入する必要がある
  • ストラテジーの数が多い
  • チャートやインジケーターなど自分流にカスタマイズ可能
  • 裁量トレードも併用できる
  • 自分でストラテジーの開発もできる

ミラートレーダーでのFX自動売買の特徴

  • すでに標準搭載されているので、投資家は「ストラテジーを選ぶだけ」
  • 投資助言報酬が発生する(投資助言報酬がなくてもその分スプレッドが広い)
  • ストラテジーの数が少ない
  • 裁量トレードはできない

となっています。

大きなポイントは

「FX自動売買システム横断ストラテジー損益ランキング」のストラテジーを利用する場合には

  • MT4はEA販売サイトで5,000円~30,000円で買わなければならない。
  • ミラートレーダーは用意されているが投資助言報酬やスプレッドが広くなる。

という違いです。

  • ストラテジー購入という形で先に支払うか?
  • スプレッド or 投資助言報酬として都度の取引に対してコストを支払うか?

の違いなのです。

コスト面だけで見れば

月間の取引量が大きい投資家の場合

→ MT4の方がコスト安

月間の取引量が小さい投資家の場合

→ ミラートレーダーの方がコスト安

となります。

どのくらいかというと

シストレ24/インヴァスト証券

シストレ24/インヴァスト証券

投資助言報酬:1円/1,000通貨

1日1000通貨の取引

  • 年間コスト = 1日:1円 × 20日 × 12ヶ月 = 2,4000円

1日1万通貨の取引

  • 年間コスト = 1日:10円 × 20日 × 12ヶ月 = 24,000円

1日2万通貨の取引

  • 年間コスト = 1日:20円 × 20日 × 12ヶ月 = 48,000円

1日10万通貨の取引

  • 年間コスト = 1日:100円 × 20日 × 12ヶ月 = 240,000円

EA販売サイト

EA販売サイト
  • ランキング1位のEA「CrossPortfolio」:39,800円

ですから、

1日2万通貨の取引をするのであれば、EA販売サイトでストラテジーを購入した方が安上がり

ということになります。

concierge
これは1年単位での資産なので、2年、3年と継続してEAを使うのであれば、1日5000通貨の取引であっても、EA販売サイトでストラテジーを購入した方が安上がりという結果になるのです。

加えて

MT4であれば

  • 無料のEAもある
  • 世界中の投資家がEAを開発している
  • 裁量トレードもできる
  • 自分でストラテジーの開発もできる
  • インジケーターなどチャート機能も豊富かつ、自分用にカスタマイズできる

のですから

ある程度の経験値がある投資家には自動売買システムとしては「MT4」がおすすめなのです。

逆に

FX初心者の方は取引量も少ないはずですので、導入も簡単な「ミラートレーダー」がおすすめになります。

リピート系発注のFX自動売買システムは収益性に乏しい

「FX自動売買システム横断ストラテジー損益ランキング」を見てみると

MT4/EA販売サイト「fx-on」の3ヶ月実現損益トップ10

※2017年9月時点

ランキングシステム名実現損益収益率最大ドローダウン勝率PF
1位ナンピンなし、17年のバ…839,700円24.0%14.0%84.6%4.30
2位Trend_Getter967,635円14.6%20.6%91.8%3.36
3位HAPPY_with鬼神降臨359,102円15.1%8.1%29.6%1.42
4位EASY_BOWL363,294円17.5%25.7%53.9%1.34
5位Forex_Earth_Robot327,125円11.3%4.5%75.9%1.96
6位トレンド・サーファー Tr…310,900円25.9%12.2%31.4%1.33
7位DANZON301,400円21.2%10.7%73.5%1.48
8位どんどんasset+314,609円15.4%27.5%63.0%2.44
9位極 Early Morning259,240円21.8%10.7%94.7%3.60
10位Gewinn9 EURUSD259,196円20.3%5.2%95.2%13.57

MT4/EA販売サイト「テラス」の3ヶ月実現損益トップ10

※2017年9月時点

ランキングシステム名実現損益収益率最大ドローダウン勝率PF
1位CrossPortfolio2,428,33364.00%1.28
2位MileStone1,808,33361.00%1.40
3位EasySwing ver1.01,773,33365.00%2.27
4位5iveNations[USDJPY]1,646,66741.00%1.31
5位5iveNations[EURJPY]1,430,00045.00%1.46
6位CraftManDreamSurfer1,365,00047.00%1.96
7位CraftManGOLD-Dream979,16740.00%1.62
8位Gaptrading窓埋-GBPUSD595,00083.00%1.99
9位MysteriousFX_EURUSD550,00085.00%1.65
10位XANTHIA530,83348.00%1.77

iサイクル注文/外為オンラインの3ヶ月実現損益トップ5

※2017年9月時点

1位NZドル/円/買/20pips/1,000pips/ポジション数50183,699円
2位ユーロ/米ドル/買/20pips/1,000pips/ポジション数49179,228円
3位豪ドル/円/買/20pips/1,000pips/ポジション数5091,603円
4位NZドル/円/売/20pips/1,000pips/ポジション数5044,363円
5位豪ドル/円/売/20pips/1,000pips/ポジション数036,063円

トライオートFX/インヴァスト証券の3ヶ月実現損益トップ10

※2017年9月時点

ランキングシステム名実現損益
1位レンジ追尾_ユーロ/円_Aパーツ/EUR/JPY/ポジション数22本236,815
2位レンジ追尾_ユーロ/豪ドル_Aパーツ/EUR/AUD/ポジション数22本224,576
3位レンジ追尾_英ポンド/米ドル_Gパーツ/GBP/USD/ポジション数20本173,929
4位レンジ追尾_スイスフラン/円_Cパーツ/CHF/JPY/ポジション数20本173,500
5位レンジ追尾_米ドル/スイスフラン_Bパーツ/USD/CHF/ポジション数20本137,593
6位レンジ追尾_NZドル/米ドル_Dパーツ/NZD/USD/ポジション数20本134,212
7位レンジ追尾_ユーロ/英ポンド_Cパーツ/EUR/GBP/ポジション数20本149,504
8位レンジ追尾_ドル/円_Dパーツ/USD/JPY/ポジション数20本131,434
9位レンジ追尾_カナダドル/円_Fパーツ/CAD/JPY/ポジション数18本111,797
10位レンジ追尾_豪ドル/NZドル_Aパーツ/AUD/NZD/ポジション数22本70,996
MT4やミラートレーダーの3か月の実現損益のトップレベルの:100万円~200万円
リピート系発注機能のFX自動売買システムの3か月の実現損益のトップレベルの:15万円~25万円

concierge
収益性でいると、5倍~10倍もの差が出ているのです。

リピート系発注機能は、MT4やミラートレーダーのストラテジーと比較すると、単純なものが多い分、精度が低く、上手くいったものでも収益性が低い

という結果なのです。

リピート系発注機能のFX自動売買システムは

concierge
初心者にはわかりやすいことから人気が高いのですが、設定できる条件が少なく、パターンが決まってしまっているため、収益性が低いのです。

FX自動売買で儲けるためには

  • MT4
  • ミラートレーダー
  • 開発型のFX自動売買システム

の方が良いのです。

まとめ

FX自動売買システムの種類には

  1. 選択型のFX自動売買システム
  2. インストール型のFX自動売買システム
  3. リピート系発注機能のFX自動売買システム
  4. 開発型のFX自動売買システム

があります。

どのシステムにもメリットデメリットがあるので、自分のトレードスタイル、トレードスキルに遭った自動売買システムを選ぶ必要があります。

MT4とミラートレーダーを比較すると

同じストラテジープロバイダーを利用しているのでストラテジーは同じものが利用できますが、費用の発生の仕方が違うのです。

  • MT4 → 有料EAを購入する(初期コストが発生)
  • ミラートレーダー → 投資助言報酬が発生(継続コストが発生)

という違いがあり、1日5000通貨~のトレードをするのであれば、MT4で有料EAを購入した方がコストが安くなるのです。

MT4には

  • 無料のEAもある
  • 世界中の投資家がEAを開発している
  • 裁量トレードもできる
  • 自分でストラテジーの開発もできる
  • インジケーターなどチャート機能も豊富かつ、自分用にカスタマイズできる

という特徴があるので、ある程度のトレード経験がある方には、MT4がおすすめなのです。

また、リピート系発注機能のFX自動売買システムを見ると

  • MT4やミラートレーダーの3か月の実現損益のトップレベルの:100万円~200万円
  • リピート系発注機能のFX自動売買システムの3か月の実現損益のトップレベルの:15万円~25万円

と収益性が低いことがわかっているので、「FX自動売買システムで儲けたい。」と考えている方には、MT4やミラートレーダーがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です