MT4が使える国内FX業者ランキング

FX自動売買ができる取引プラットフォーム「MT4」を採用している国内FX業者の人気ランキングです。MT4を使っての自動売買を検討している方、かつ国内FX業者を利用したい方におすすめのランキングです。

目次

MT4が使える国内FX業者ランキング

MT4が使える国内FX業者ランキング

OANDA Japan

OANDA Japanとは

OANDA Japanは米国、英国、カナダ、シンガポール、オーストラリア、香港、インドなど世界各国に展開している世界的なFX業者です。1995年から外国為替レート情報の配信を開始し、世界で7万5千社に為替レートの情報を配信しています。世界展開の流れを受けて、日本法人であるOANDA Japan株式会社が2004年に設立され、日本の国内FX業者としてFXサービスを提供しています。外資系の国内FX業者になるので、世界で普及しているMT4をメインのプラットフォームとして採用しているのです。

OANDA JapanのFXサービスの特徴は「NDD取引を採用しているため、約定拒否、リクオートがない」「固定スプレッドかつ狭いスプレッド」「東京サーバーを採用した口座を用意」「0.057秒以下で約定」などがあります。

また、独自のサービスとして世界中のFX取引の3割を占めるデータを保有しているため、それを活用した執行されていない注文情報を把握できる「オープンオーダー」という情報ツールを公開しています。「オープンオーダー」をMT4上に表示できる「オープンオーダーブックPro」というツールも利用できます。

FX自動売買のFX業者としては「スプレッドが狭いこと」「約定力が高いこと」「リクオートがないこと」など安定した稼働が期待できるFX業者です。ただし、一番スプレッドが狭い「ベーシックコース」ではMT4は利用できますが、自動売買「EA」が使えなくなってしまったので注意が必要です。

MT4を使う自動売買をするのであれば、OANDA Japanは最有力の選択肢と言えます。

7.7

自動売買システムの使いやすさ

7.8 /10

ストラテジーの選択肢の多さ

8.9 /10

収益性の高さ

7.3 /10

情報の質と数

7.8 /10

サポートの質

6.5 /10

良い点

  • 世界展開している大手FX業者
  • 約定力が高い
  • 約定拒否、リクオートなし
  • 狭いスプレッド
  • オープンオーダーが利用できる

悪い点

  • 最低入金額が10万円と高め
  • 狭いスプレッド口座の「ベーシックコース」はEAが使えない

OANDA Japan口座概要

口座の種類ベーシックコースプロコースOANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー)
取引方法NDDNDDNDD
取引手数料
(片道)
無料無料無料
取引手数料
(pips換算)
0.000.000.00
スプレッド種類原則固定原則固定変動
スプレッド
米ドル/円
(配信率)
0.4
原則固定
(96.09%)
0.8
原則固定
(96.80%)
0.3~0.8
(97.75%)
スプレッド
ユーロ/円
(配信率)
0.7
原則固定
(96.09%)
1.3~2.1
(95.18%)
0.5~1.0
(95.29%)
スプレッド
ユーロ/米ドル
(配信率)
0.5
原則固定
(97.69%)
0.8
原則固定
(97.92%)
0.4~0.6
(97.48%)
最大レバレッジ25倍25倍25倍
約定力約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
最低入金額10万円20万円10万円
MT4が使える国内FX業者ランキング

FOREX.com

FOREX.comとは

FOREX.comはゲインキャピタル・ジャパン株式会社が運営するFXサービスです。世界中で20万人以上の投資家にサービス展開する、ニューヨーク証券取引所上場のゲインキャピタル・ホールディングス(NYSE: GCAP)の日本法人として、日本でサービス展開しています。外資系の国内FX業者になるので、世界で普及しているMT4をメインのプラットフォームとして採用しているのです。

FOREX.comのFXサービスの特徴は「NDD取引を採用しているため、約定拒否、リクオートがない」「MT4取扱会社で顧客満足度No.1※2015年」「1秒以内に99.87%の約定」「執行率100%」「0.040secの約定スピード」などがあります。FOREX.comでは独自のスコアカードを定期的に公開するなど、約定力にはかなりの自信を持っているFX会社です。

また、独自のトレードプラットフォーム「FOREXTrader」を利用することも可能です。ワンクリック取引機能と約定力に優れるトレードプラットフォームです。

FX自動売買のFX業者としては「約定力が高いこと」「リクオートがないこと」など安定した稼働が期待できるFX業者です。ただし、スプレッドが他の国内FX業者と比較するとかなり広く設定されているため、FX自動売買でもコスト高になってしまう可能性があります。

FOREX.com

FOREX.com
8

自動売買システムの使いやすさ

8.3 /10

ストラテジーの選択肢の多さ

7.8 /10

収益性の高さ

8.0 /10

情報の質と数

7.8 /10

サポートの質

8.0 /10

良い点

  • 世界展開している大手FX業者
  • 約定拒否、リクオートなし
  • MT4取扱会社で顧客満足度No.1※2015年
  • 1秒以内に99.87%の約定
  • 0.040secの約定スピード

悪い点

  • スプレッドが広い
  • 最低入金額が5万円と高めの設定
  • 日足が6本のGMT設定

FOREX.com口座概要

口座の種類MetaTrader 4口座
取引方法DD
取引手数料
(片道)
無料
取引手数料
(pips換算)
0.00
スプレッド種類変動
スプレッド
米ドル/円
(配信率)
1.5~2.4
(95.23%)
スプレッド
ユーロ/円
(配信率)
2.0~3.6
(95.05%)
スプレッド
ユーロ/米ドル
(配信率)
1.6~2.3
(95.74%)
最大レバレッジ25倍
約定力99%以上を一秒以内に約定
スコアカードを定期的に公開
最低入金額5万円

FOREX.comのメリット

MT4が使える国内FX業者ランキング

FXTF(FXトレード・フィナンシャル)

FXTF(FXトレード・フィナンシャル)とは

FXTF(FXトレード・フィナンシャル)は株式会社FXトレード・フィナンシャルが運営しているFXサービスです。欧米の先進的かつ最先端のFXシステムを直接日本仕様にて導入するビジネスモデルでMT4を提供しています。

FXTF(FXトレード・フィナンシャル)のFXサービスの特徴は「日本国内業者でDD取引を採用していること」「固定スプレッドかつ狭いスプレッド」「99%を超える高い配信率」「FXTF独自のインジケーター・ツール無料」「充実した投資情報サービス」などがあります。

固定スプレッドで米ドル/円が0.3pips、かつ配信率が99%超というのは、トレードコストを抑えることで収益性を高めたい自動売買では非常に大きなメリットとなります。

また、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)は多くの独自インジケーターやツールを無料で提供しています。有名トレーダーのテクニカルチャート、チャート操作ツール、発注やポジション管理に便利なMini terminalなど、自動売買と同時に裁量トレードもする方におすすめのFX会社となっています。

外資系企業ではなく、日本国内のFX業者ですので、日本人に利用しやすいウェブサイトやMT4のツールがあるFX業者です。

FXTF(FXトレード・フィナンシャル)

FXTF(FXトレード・フィナンシャル)
6.4

自動売買システムの使いやすさ

4.5 /10

ストラテジーの選択肢の多さ

7.3 /10

収益性の高さ

6.8 /10

情報の質と数

7.0 /10

サポートの質

6.5 /10

良い点

  • 固定スプレッドかつ狭いスプレッ
  • 99%を超える高い配信率
  • 独自のツール「Mini terminal」
  • 有名トレーダーのテクニカルチャートが利用可能

悪い点

  • リクオートや約定拒否などのリスクがある

FXTF(FXトレード・フィナンシャル)口座概要

口座の種類MT4口座
取引方法DD
取引手数料
(片道)
無料
取引手数料
(pips換算)
0.00
スプレッド種類原則固定
スプレッド
米ドル/円
(配信率)
0.3
原則固定
(99.76%)
スプレッド
ユーロ/円
(配信率)
0.6
原則固定
(99.76%)
スプレッド
ユーロ/米ドル
(配信率)
0.8
原則固定
(99.76%)
最大レバレッジ25倍
約定力-
最低入金額0円
MT4が使える国内FX業者ランキング

楽天証券/楽天FX

楽天証券/楽天FXとは

楽天証券/楽天FXは楽天株式会社の子会社である楽天証券株式会社が提供しているFXサービスです。2015年にFXCMジャパン証券と経営統合したため、FXCMジャパン証券のMT4口座を引き継いで、大手証券会社には珍しくMT4が使えるFX会社となっているのです。

楽天証券/楽天FXのFXサービスの特徴は「大手証券会社で唯一のMT4採用企業」「米ドル/円固定0.5pipsで狭いスプレッド」「VPS優待あり」「日足5本」「豊富な投資情報」「最低入金額0円~」などがあります。

あくまでも経営統合の副産物としてできた大手証券会社のMT4口座ですが、スプレッドは十分に狭い設定で、原則固定スプレッドで提供されているため、自動売買でも十分に採算が取れるFX会社となっています。

「GMT+2(夏時間では+3)、日足5本」という海外の仕様をそのまま適用してくれているので、使い勝手も問題ありません。デメリットとしては、NDD取引でないことやMT4口座の提供にそれほど積極で敵ではないことなどがありますが、外資系企業が多いMT4が使えるFX会社の中で、楽天グループという信頼性は大きな魅力であることは間違えありません。

楽天証券/楽天FX

楽天証券/楽天FX
7.5

自動売買システムの使いやすさ

7.7 /10

ストラテジーの選択肢の多さ

7.7 /10

収益性の高さ

7.7 /10

情報の質と数

7.2 /10

サポートの質

7.5 /10

良い点

  • 米ドル/円固定0.5pipsで狭いスプレッド
  • VPS優待あり
  • 大手証券会社で唯一のMT4採用企業
  • 日足5本、GMT+2
  • 最低入金額0円~

悪い点

  • 複数口座の開設ができない
  • 通貨ペア数が少ない

楽天証券/楽天FX口座概要

口座の種類楽天MT4口座
取引方法DD
取引手数料
(片道)
無料
取引手数料
(pips換算)
0.00
スプレッド種類原則固定
スプレッド
米ドル/円
(配信率)
0.5
原則固定
スプレッド
ユーロ/円
(配信率)
1.1
原則固定
スプレッド
ユーロ/米ドル
(配信率)
0.6
原則固定
最大レバレッジ25倍
約定力-
最低入金額0円
MT4が使える国内FX業者ランキング

外為ファイネスト

外為ファイネストとは

外為ファイネストは外為ファイネスト株式会社が提供しているFXサービスです。外為ファイネスト株式会社は香港、ロンドン、シドニー、オークランド、ドバイなどでFXサービスを展開している「Hantec Group」の日本法人です。外資系のFX会社なのでMT4を取り扱っています。

外為ファイネストのFXサービスの特徴は「米ドル/円最小スプレッド0.4pips~、平均スプレッド0.7pipsと狭いスプレッド」「約定力に定評があるCURRENEXブリッジを導入」「MT4サーバーは国内に設置」「1人6口座まで開設可能」「最低入金額0円~」などがあります。

MT4サーバーが国内にあるため、日本にあるパソコンやVPSサーバーを利用しても、地理的なレイテンシー(遅延)が発生しないため、高い約定スピードを実現できます。CURRENEXブリッジで複数のLPから有利な価格を瞬時で約定されるため、スリッページなども発生しにくいのです。

高い約定力でMT4の自動売買「EA」を動かしたい方におすすめのFX会社です。ただし、日足が6本であることや変動スプレッドであることなどのデメリットもあります。

外為ファイネスト

外為ファイネスト
6.8

自動売買システムの使いやすさ

7.0 /10

ストラテジーの選択肢の多さ

8.0 /10

収益性の高さ

6.0 /10

情報の質と数

6.5 /10

サポートの質

6.5 /10

良い点

  • 米ドル/円最小スプレッド0.4pips~
  • 約定力に定評があるCURRENEXブリッジを導入
  • MT4サーバーは国内に設置
  • 1人6口座まで開設可能
  • リクオート、約定拒否なし

悪い点

  • 変動スプレッド
  • 日足が6本

外為ファイネスト口座概要

口座の種類MT4-ZERO口座
取引方法NDD
取引手数料
(片道)
無料
取引手数料
(pips換算)
0.00
スプレッド種類変動
スプレッド
米ドル/円
(配信率)
0.4~1.0
平均0.6
スプレッド
ユーロ/円
(配信率)
0.5~1.3
平均0.8
スプレッド
ユーロ/米ドル
(配信率)
0.4~1.0
平均0.6
最大レバレッジ25倍
約定力約定拒否なし、再クオートなし
最低入金額0円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です