OANDA Japan

OANDA Japan

OANDA Japanとは

OANDA Japanは米国、英国、カナダ、シンガポール、オーストラリア、香港、インドなど世界各国に展開している世界的なFX業者です。1995年から外国為替レート情報の配信を開始し、世界で7万5千社に為替レートの情報を配信しています。世界展開の流れを受けて、日本法人であるOANDA Japan株式会社が2004年に設立され、日本の国内FX業者としてFXサービスを提供しています。外資系の国内FX業者になるので、世界で普及しているMT4をメインのプラットフォームとして採用しているのです。

OANDA JapanのFXサービスの特徴は「NDD取引を採用しているため、約定拒否、リクオートがない」「固定スプレッドかつ狭いスプレッド」「東京サーバーを採用した口座を用意」「0.057秒以下で約定」などがあります。

また、独自のサービスとして世界中のFX取引の3割を占めるデータを保有しているため、それを活用した執行されていない注文情報を把握できる「オープンオーダー」という情報ツールを公開しています。「オープンオーダー」をMT4上に表示できる「オープンオーダーブックPro」というツールも利用できます。

FX自動売買のFX業者としては「スプレッドが狭いこと」「約定力が高いこと」「リクオートがないこと」など安定した稼働が期待できるFX業者です。ただし、一番スプレッドが狭い「ベーシックコース」ではMT4は利用できますが、自動売買「EA」が使えなくなってしまったので注意が必要です。

MT4を使う自動売買をするのであれば、OANDA Japanは最有力の選択肢と言えます。

7.3

自動売買システムの使いやすさ

7.7/10

ストラテジーの選択肢の多さ

8.2/10

収益性の高さ

7.0/10

情報の質と数

7.2/10

サポートの質

6.4/10

良い点

  • 世界展開している大手FX業者
  • 約定力が高い
  • 約定拒否、リクオートなし
  • 狭いスプレッド
  • オープンオーダーが利用できる

悪い点

  • 最低入金額が10万円と高め
  • 狭いスプレッド口座の「ベーシックコース」はEAが使えない

OANDA Japan口座概要

口座の種類ベーシックコースプロコースOANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー)
取引方法NDDNDDNDD
取引手数料
(片道)
無料無料無料
取引手数料
(pips換算)
0.000.000.00
スプレッド種類原則固定原則固定変動
スプレッド
米ドル/円
(配信率)
0.4
原則固定
(96.09%)
0.8
原則固定
(96.80%)
0.3~0.8
(97.75%)
スプレッド
ユーロ/円
(配信率)
0.7
原則固定
(96.09%)
1.3~2.1
(95.18%)
0.5~1.0
(95.29%)
スプレッド
ユーロ/米ドル
(配信率)
0.5
原則固定
(97.69%)
0.8
原則固定
(97.92%)
0.4~0.6
(97.48%)
最大レバレッジ25倍25倍25倍
約定力約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
最低入金額10万円20万円10万円

OANDA Japanのメリット

  • 世界展開している大手FX業者
  • 0.057秒以下で約定
  • NDD取引を採用しているため、約定拒否、リクオートなし
  • 狭いスプレッド設定
  • 固定スプレッドを採用
  • 東京サーバーを採用した口座を用意
  • 独自の情報網を利用したオープンオーダーが利用できる

OANDA Japanのデメリット

  • 狭いスプレッド口座の「ベーシックコース」はEAが使えない
  • 最低入金額が10万円と高めの設定

OANDA Japanのおすすめポイント

concierge

NDD取引を採用していて、この狭いスプレッド水準は他にないFX業者と言えます。

自動売買ではリクオートや約定拒否、約定力によって得られる利益に差が出てしまうため、NDD取引かつ狭いスプレッドのOANDA Japanは、MT4で自動売買をするトレーダーが多く利用しているFX業者なのです。

会社の信頼性も高く、世界のFX取引の3割の情報を抑えているオープンオーダーなど独自の情報ツールにも力を入れています。

自動売買におすすめできる国内FX業者です。

OANDA Japanのおすすめできないポイント

concierge

最低入金額が10万円と国内FX業者の中では高めの設定となっています。また、2016年10月から「」ベーシックコース」ではMT4の自動売買「EA」が利用できなくなってしまったため、若干自動売買でのお勧め度は下がっています。

少額の証拠金で自動売買をしたい方にはおすすめできません。

OANDA Japanの約定力

「0.057秒以下で約定」という約定力と、NDD取引を採用しているため、リクオートや約定拒否がありません。また、東京サーバーの口座もあるため、地理的なレイテンシー(遅延)も発生しないのです。結果として高い約定力を持っています。

口座の種類ベーシックコースプロコースOANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー)
約定力約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定

OANDA Japanのスプレッド・取引手数料

OANDA JapanのスプレッドはNDD取引を採用しているFX業者の中ではかなり狭いスプレッド設定と言えます。一方で自動売買のEAを使うためには若干スプレッドが広い口座を利用しなければならないデメリットもあります。

口座の種類ベーシックコースプロコースOANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー)
取引手数料
(pips換算)
0.000.000.00
スプレッド種類原則固定原則固定変動
スプレッド
米ドル/円
(配信率)
0.4
原則固定
(96.09%)
0.8
原則固定
(96.80%)
0.3~0.8
(97.75%)
スプレッド
ユーロ/円
(配信率)
0.7
原則固定
(96.09%)
1.3~2.1
(95.18%)
0.5~1.0
(95.29%)
スプレッド
英ポンド/円
(配信率)
2.4~4.6
(95.03%)
2.4~4.6
(95.03%)
0.9~2.2
(95.95%)
スプレッド
豪ドル/円
(配信率)
---
スプレッド
カナダドル/円
(配信率)
---
スプレッド
ユーロ/米ドル
(配信率)
0.5
原則固定
(97.69%)
0.8
原則固定
(97.92%)
0.4~0.6
(97.48%)
スプレッド
豪ドル/米ドル
(配信率)
1.1
原則固定
(98.49%)
1.4~1.5
(95.48%)
0.8~0.9
(98.23%)

OANDA Japanの最低入金額・最低取引通貨量

最低入金額10万円ですので国内FX業者の中では入金ハードルが高いFX業者となっています。

口座の種類ベーシックコースプロコースOANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー)
最低取引通貨MT4:1,000通貨MT4:1,000通貨MT4:1,000通貨
1日の最大取引通貨10万通貨300万通貨100万通貨
最低入金額10万円20万円10万円

OANDA Japanのトレード条件

15口座まで複数口座を開設することができるため、口座ごとにEAを使い分けることが可能です。スワップポイントも毎秒設定なので無駄なく利益につなげられます。

口座の種類ベーシックコースプロコースOANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー)
デモ口座
両建て
複数口座○15口座まで○15口座まで○15口座まで
スワップポイント毎秒毎秒毎日

OANDA Japanのトレードプラットフォーム

トレードプラットフォームは「MT4」です。MT4なのでiPhoneやandroid、タブレットにも対応していますし、EAを使った自動売買も可能です。日足は5本で、標準の設定となっています。

口座の種類ベーシックコースプロコースOANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー)
取引システムMT4MT4MT4
GMT冬 +2
夏 +3
冬 +2
夏 +3
冬 +2
夏 +3
日足5本5本5本

OANDA Japanのクイック入金

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行の8行のいずれかのインターネットバンキングで、24時間手数料無料でリアルタイム入金が可能です。

口座の種類ベーシックコースプロコースOANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー)
即時入金24時間
手数料無料
24時間
手数料無料
24時間
手数料無料

OANDA Japanの注目サービス

OANDA Japanの口座スペック

人気ランキング1位1位1位
海外FX業者名
OANDA Japan

OANDA Japan

OANDA Japan
口座の種類ベーシックコースプロコースOANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー)
取引方法NDDNDDNDD
取引手数料
(片道)
無料無料無料
取引手数料
(pips換算)
0.000.000.00
スプレッド種類原則固定原則固定変動
スプレッド
米ドル/円
(配信率)
0.4
原則固定
(96.09%)
0.8
原則固定
(96.80%)
0.3~0.8
(97.75%)
スプレッド
ユーロ/円
(配信率)
0.7
原則固定
(96.09%)
1.3~2.1
(95.18%)
0.5~1.0
(95.29%)
スプレッド
英ポンド/円
(配信率)
2.4~4.6
(95.03%)
2.4~4.6
(95.03%)
0.9~2.2
(95.95%)
スプレッド
豪ドル/円
(配信率)
---
スプレッド
カナダドル/円
(配信率)
---
スプレッド
ユーロ/米ドル
(配信率)
0.5
原則固定
(97.69%)
0.8
原則固定
(97.92%)
0.4~0.6
(97.48%)
スプレッド
豪ドル/米ドル
(配信率)
1.1
原則固定
(98.49%)
1.4~1.5
(95.48%)
0.8~0.9
(98.23%)
最大レバレッジ25倍25倍25倍
約定力約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
約定拒否なし、再クオートなし
0.057秒以下で約定
ロスカットレベル証拠金維持率100%以下100%以下100%以下
マージンコール証拠金維持率---
信託保全信託保全信託保全信託保全
通貨ペア数71通貨71通貨24通貨
最低取引通貨MT4:1,000通貨MT4:1,000通貨MT4:1,000通貨
1日の最大取引通貨10万通貨300万通貨100万通貨
最低入金額10万円20万円10万円
取引システムMT4MT4MT4
デモ口座
両建て
複数口座○15口座まで○15口座まで○15口座まで
GMT冬 +2
夏 +3
冬 +2
夏 +3
冬 +2
夏 +3
日足5本5本5本
スワップポイント毎秒毎秒毎日
即時入金24時間
手数料無料
24時間
手数料無料
24時間
手数料無料
設立200420042004
ボーナスVPSサーバー割引VPSサーバー割引VPSサーバー割引
口座開設oanda_japan口座開設はこちらoanda_japan口座開設はこちらoanda_japan口座開設はこちら

OANDA Japanの口座開設までの流れ

7.3

自動売買システムの使いやすさ

7.7/10

ストラテジーの選択肢の多さ

8.2/10

収益性の高さ

7.0/10

情報の質と数

7.2/10

サポートの質

6.4/10

良い点

  • 世界展開している大手FX業者
  • 約定力が高い
  • 約定拒否、リクオートなし
  • 狭いスプレッド
  • オープンオーダーが利用できる

悪い点

  • 最低入金額が10万円と高め
  • 狭いスプレッド口座の「ベーシックコース」はEAが使えない

11 件の口コミ

  • 自動売買システムの使いやすさ

    7.00

    ストラテジーの選択肢の多さ

    1.00

    収益性の高さ

    5.00

    情報の質と数

    5.00

    サポートの質

    5.00

    総合評価
    4.6点/10点
    普通

    FXトレード歴:10年~
    FX取引頻度:自分でトレードするよりも収益が安定するから
    FX取引損益:
    取引ツールを利用するデバイス:
    FX運用額:

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    自分のトレード手法を自動化したかったから
    自分でトレードするよりも収益が安定するから

    FX会社を選んだ理由

    スプレッドが狭い

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    口座開設などの手続きに関して簡単に始めやすかった。更に、この業者独自でお名前.comとVPS提携しているため、VPSを借りる際にも簡単で契約当日からEAを稼働することが出来た。また、MT4を使うことが出来る他の業者に比べて、スプレッドが一番狭めである点が良い。自動売買を始めた当初からずっと利用してきて5年になるが、特にこれまでに何か問題が起こったこともない。また、FXで自動売買をしているとスイスフランショックのようなことが起こった時に肝を冷やすが、この業者は顧客の資金が信託保全で守られているため万が一の倒産などに対しても安心感がある。また、複数のサブ口座を開設できるので、使い分けることが出来て便利。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    海外のFX業者に比べると、ユーロドルやドル円などの最主要通貨ペアに関して早朝のスプレッドがあまりにも大きく拡大しすぎる。また原則固定の時間帯に入ってからは、MT4のEAでエントリーを送信してから約定までの間にスリッページが起こって損失方向に滑ってしまうことがかなり多いように感じる。また、スワップポイントが小さいことや、海外業者のようにポイント加算されることなどもないため、長く継続するメリットを何かつけてほしい。サポート体制については、こちらからメールで問い合わせした内容に対する回答が要領を得ていないことがあり、その点では元々がアメリカ業者の日本出店なので純粋な国内業者に比べるとあまり期待できないと感じた。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    おく先生

    FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円