無料のFX自動売買ソフト「EA」って何?

man
「FXの自動売買を導入したら何もしなくても簡単に儲かりそう!」
「FXの自動売買をするために何かいいソフトは無いかな?」

FXの自動売買をやってみたいなら、理解することが望ましいEAを使った自動売買について、このページではお伝えしていきます。

FXの自動売買をしようと思ったら、EAを使った無料のFX自動売買ソフトを使って利益を出していくことが可能です。

  • 「自動売買に興味はあるけどEAって何?」という状態の方
  • EAを使った自動売買に興味がある方

に対して、「EAの概要とEAを使った自動売買を行うための具体的なやり方」について詳しく解説します。

FXの自動売買は便利ですし、導入すれば簡単に利益を出せそうな気がするかもしれませんが、導入するにはリスクや注意すべき点もあります。

EAを導入する前に知っておきたいEAの基本から、具体的な自動売買システムの導入方法、EAを使った自動売買をするにあたって知っておくべきリスクとその対策までをお教えします。

FX自動売買ソフトEAとは何なのか?

FX自動売買ソフトEAとは何なのか?

FXトレードにおける自動売買ソフトのEAとは、Expert Advisors(エキスパートアドバイザー)を略したものです。

なにか凄いアドバイスをくれそうなツールの名前に見えますが、簡単に言えば自動的に特定のアルゴリズムに従って、FXトレードを行ってくれる自動売買のためのプログラムだと考えていただければ理解しやすいです。

相場に張り付いていなくても、売買をしてくれる自動売買のシステムは忙しい人にもおすすめのFXトレードの手法です。

また、なんと言っても自動売買をすることで、メンタルに左右されるトレードをしなくなるのは非常に意味があることです。手動で行う裁量トレードはどうしても損得勘定が絡んでしまって、冷静に判断してトレードができない場合があります。

そんな場合でも自動売買のアルゴリズムが設定されていれば、自分の考えを排除して最初に設計した良いと思うアルゴリズム通りに取引をすることができます。

あとは、トレードによって成果が出るかどうかは、その自動売買のアルゴリズムがどの程度精度が高いものなのかに、かかってきます。

もともとEAとは、ロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツソフトウェア社)が開発した無料で使える高機能FXトレードソフトである、メタトレーダー(MT)に自動売買をさせるためのアルゴリズムのことを言います。

ですので、EAを導入しようと思ったら、メタトレーダーのソフトに任意の選択したEAのアルゴリズムを入れることが必要です。

「メタトレーダー」のダウンロードはこちら

現在最新のバージョンとなるメタトレーダーは「MT5」ですが、MT4も根強い人気がありウェブ上で情報を探すと多くのMT4に関する情報が出てきます。

さらにEAのアルゴリズムは「有料無料問わずさまざまなシステムが存在」し、その中から1つを選んでメタトレーダー上で動かすことで、自動売買のトレードを実施することができます。

例えば、実績のあるトレーダーのトレードのアルゴリズムを真似たEAを導入したら、あなたも自動的に実績のあるトレーダーがそのときにトレードしていたルールでFXトレードをすることができます。

EAの使い方次第では、無料で自動売買ソフトを活用することができますので、FXトレードで自動売買を導入したいなら、EAの研究をしていく価値はおおいにあります。

EAは、メタトレーダーのソフト上で起動することができるFXの自動売買を可能にするシステムであり、無料で導入することが可能です。

EAを探す前に絶対知っておきたい注意点

EAを探す前に絶対知っておきたい注意点

具体的なEAの導入方法をお伝えする前に、自動売買をするために使うEAを探すときの注意点をお伝えします。

これらの注意点を知らないと、稼げない自動売買のシステムを使う羽目になったり、最悪の場合アカウントを凍結されてトレードが続行できなくなる可能性もあります。

まず、理解していただきたいのはEAのシステムでは「有料」のものと「無料」のものがあるということです。

ここで注意しないといけないのが、EAのシステムを導入すれば、それだけで何もしないで利益を出し続けられるほど甘くはないということです。

さらに、有料で稼げないEAを提供している業者もたくさんあります。

一時的には稼げる、あるいはある状況下においては稼げるけど、相場の状況が変わったら稼げなくなってしまうEAもあります。

むしろ、ずっと同じ設定で稼ぎ続けることができるEAは、無いと言っても過言ではないことです。いかに既存のEAを組み合わせたり改良したりすることで、トレードのパフォーマンスの向上を目指していくことが大切だと言えます。

ですので、安易に稼げそうだからといって高額のEAを導入するのは早計だと考えたほうが良いです。高額なシステムだから自動売買で稼ぎやすいということは断じてないのです。

本当に稼げるEAかどうかの見極め方としては、1つは過去の実績を見てどのくらい信用できるものなのかを推測していきます。それが、いわゆるバックテストの活用です。

バックテストの活用によって得られたデータを、さらに将来的に使い続けることができるのかを調査するフォワードテストもあります。

バックテストはあくまでも過去のデータから導き出した数字ですが、フォワードテストはバックテストの条件を外れた、「将来においてどのくらいの実績をあげることができるか」を見極めるためのテストです。

また、EAを使ってトレードをしたトレーダーのアカウントが凍結される事例もあるので注意が必要です。

特にスキャルピングといって、短時間のうちに何度も取引をして利益を得るスタイルのトレードを自動で行うEAを使った場合、FX業者によってはアカウントを凍結される場合があります。

利用する業者の規約をよく読み、自動売買ツールを使うことが規約違反になる場合はアカウントが凍結になるリスクがあることを理解した上で、EAを導入するのがおすすめです。

teacher
EAを使うからといって自動で儲かるわけではありません。EAを使ってスキャルピングをすると業者によってはアカウント凍結のリスクがあるので規約は十分に確認しましょう。

バックテストとフォワードテストの例

バックテストとフォワードテストの例

バックテストとフォワードテストの具体的事例として、Gogojungleで販売されているEAの「ギガガルーラUSDJPY」を例にご紹介します。

まず、バックテストの場合、2007年1月3日から2018年3月29日までシステムに従って売買した場合の運用データが示されています。

バックテストとフォワードテストの例

出典:ギガガルーラUSDJPY

その期間で11393回の売買が行われ、100万円の投資資金からスタートして、バックテスト終了後には約400万円になっていることが分かります。

メタトレーダーをインストールする

EAを使おうと思ったら、まずはメタトレーダー(MT)のシステムを導入する必要があります。

メタトレーダーは、チャート分析をするソフトとして「非常に高機能」ですので、チャートの分析ソフトとして使うだけでも、非常に多くの有意義な使い方をすることができます。

しかし、メタトレーダーにはそれだけにはとどまらない用途があります。

それが自動売買のシステムを取り入れたり、自分で自動売買のアルゴリズムを作り出すことができるサポートをしてくれる点です。

すでにMT4もしくはMT5を導入して使っている人は、そのまま使っていただきながら、EAをインストールしてシステムトレードを開始することができます。

まだ、MT4もMT5も導入していない場合は、まずは最新のツールであるMT5を導入するところから始めてみるのも、1つの手です。

ただし、MT4のみに対応のEAもあるので、導入したいEAがどのメタトレーダーに対応するかを事前に確認した上で対応するメタトレーダーをインストールすることをおすすめします。

EAの探し方

EAの探し方

自動売買をすることを目的としてEAを探す場合、以下の3つのどれかの手段をとることで、自動売買を行う準備をすることができます。

  • 無料でダウンロードする
  • 有料のものを購入する
  • EA以外の自動売買の手段を使う

どの手法を使っても、うまくいく可能性もあれば失敗する可能性もあります。とはいえ、絶対の手法ではないので、ご自身の気に入ったアルゴリズムを提供しているサイトを選ぶのが良いです。

以下、代表的なEAや自動売買のシステムを提供しているサイトを紹介します。どこで自動売買のシステムを探して良いか迷ったら、これらの箇所を使ってみてください。

1.GogoJungle(ゴゴジャン)(旧サイト名 fx-on.com)で有料で購入する

ゴゴジャンのサイトには自動売買ソフトや、さまざまな投資に関する書籍や教材が販売されています。

販売されている自動売買ソフトはバックテストの結果のみならず、バックテスト以上に信頼のおけるフォワードテストの結果も掲載されていて、実際のパフォーマンスを確認することができます。

「GogoJungle」の公式サイトはこちら

2.ゲムトレードで無料のEAを入手する

無料でEAを提供している」サイトとしては「ゲムトレード(Gem-Trade)」が日本国内では大手です。

多くのMT4のEAを無料で使うことができます。ただし、ゲムトレードでEAを使う場合には以下の2つの条件があります。

  • 5万円〜の口座資金残高が必要
  • FX口座はゲムトレード経由で開設

ゲムトレード経由して開設した特定のFX会社に口座開設をし、そのうちのMT4の利用が可能なFX会社に5万円以上の講座残高があると、ゲムトレードが保有するAIのFXトレードアルゴリズムを使うことができます。

また口座資金の残高によって、使えるEAの数が違ってくるので把握が必要です。

100万円以上、ゲムトレードを経由して開設したMT4の利用可能なFX会社に口座資金に残高があれば、全EAの中から無制限に選択してEAを導入できます。余力があれば資金は多めに入れておくと良いです。

多少条件はつくものの、完全に無料で自動売買のEAを手に入れることができるのは大きなメリットです。

「ゲムトレード(Gem-Trade)」の公式サイトはこちら

3.EA以外の無料のシステムトレードの導入を検討する

自動売買をすることが目的であれば、FX業者が提供している無料で使えるシステムトレードのアルゴリズムを使ってみる方法もあります。

メタトレーダーやEAを必ずしも使わなくても自動売買を行うことはできるのです。もちろん、この自動売買だけでうまくいくかどうかは分かりません。

しかし、有料だけど全然使えないシステムもある中で、一定以上の信頼のおける無料の自動売買を検証できるのはやってみる価値があります。

teacher
「マネースクエアで提供している、トラップリピートイフダン注文であったり、インヴァスト証券で提供しているシストレ24などは、代表的なEA以外の無料で使うことができる自動売買システムです。」

バックテストとフォワードテストの違いとは?

バックテストとフォワードテストの違いとは?

数多くあるEAのアルゴリズムの中から特に優秀なEAを選ぼうと思ったら、バックテストの結果、およびフォワードテストの結果を参考にするのが1つの方法として有効です。

バックテストというのは、一定期間の間にテストしたいEAのアルゴリズムを動かしてみて、どのくらいの損益になるかをテストした結果を示すことです。

バックテストの成績はそのEAの実力を見るための参考にはなるものの、完璧なものではないのです。

というのも、バックテストの成績は、意図的に操作することもできるからです。例えば、偶然トレードの成績が良かった期間を、バックテストの期間として指定してデータを見せることができます。

あるいは、特定の期間の相場で利益が上がるように売買のタイミングを設計して、さも再現性があるかのように見せかけることもできます。

バックテストの結果はあくまでも過去の値動きに対して適応するテストです。そのアルゴリズムが未来も同じように機能する保証はありません。

一方でフォワードテストが公開されている場合は、バックテストの公開以上に信頼できるデータです。

バックテストで出した成果が、バックテストの期間外であっても利益を生むのかどうかを検証していくのがフォワードテストです。

バックテストだけでなく、フォワードテストでも優位性が確認できたアルゴリズムに関しては、一定の信頼性が得られると言えます。

とはいえ、それでも未来永劫、そのパフォーマンスが保てる保証はなく、むしろトレードの環境が変わればいとも簡単にトレードのパフォーマンスは落ちる可能性があるので、十分注意してください。

EAのインストール方法

EAのインストール方法

利用したいEAを探せたら、あとは手に入れたEAをご自身のメタトレーダーに入れて、起動させることで自動売買をスタートすることができます。

EAをインストールする場合、まずはEAをインストールするメタトレーダーのソフトを起動させるところから始めます。

  1. MT4が起動したらメニューから「ファイル」→「データフォルダを開く」を選択します。
  2. 「データフォルダ」のウインドウが開いたら、アドレスバーの上で右クリックをします。
  3. 次に「アドレスのコピー」をクリックして完了したら「データフォルダ」を閉じます。データフォルダを閉じたらMT4もいったん閉じます。
  4. ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックしてガイドに従ってインストールしていきます。

EAの始め方

EAの始め方

いよいよ実際に自動売買をスタートします。

  1. まずEAのインストールが完了したメタトレーダーを立ち上げます。
  2. メニューから「ファイル」→「チャートの組表示」を選択します。
  3. 次に先ほどインストールした、EAファイルを選択してクリックします。
    すると、インストールしたEAおよびEAで設定した情報が表示されたチャートが表示されます。
    この時点ではまだ自動売買は始まっていません。
  4. 「エキスパートアドバイザー」のアイコンをダブルクリックすることで、EAが起動して自動売買が開始になります。

この自動売買はソフトが立ち上がっている限りは機能し続けますが、メタトレーダーのソフトを閉じたりパソコンを消したりすると、自動売買もストップするので注意しましょう。

teacher
24時間ずっと自動売買を有効にするには、ソフトもパソコンも起動箚せ続ける必要があります。

まとめ

高機能のチャートソフト「メタトレーダー」(MT4もしくはMT5)を導入した上で、メタトレーダーにEAのアルゴリズムをインストールすることで、FXの自動売買システムを無料で使うことができます。

EAのアルゴリズムはゲムトレードのサイトを使えば無料で手に入れることもできます。

あるいは、有料でEAを販売しているサイト「GogoJungle(ゴゴジャン)(旧サイト名 fx-on.com)」で購入することでも、自動売買のシステムを手に入れることができます。

また、自動売買ソフトを取り入れるという目的であれば、EAを導入するだけが方法ではなく、大手FX会社の提供する自動売買のシステムを使って自動売買を行っていくこともできます。

しかし、自動売買を取り入れたからといって、そのシステムを使うと利益を得られるかどうかは分かりません。

バックテストやフォワードテストなどの各種結果を確認の上、そのシステムを取り入れるかどうか検討をする必要があります。

teacher
「総じて言えるのは、自動売買を使ったからといってFXで勝てるようになるわけではないということです。」

しかし、裁量でトレードをしている限りは、決めたルールを着実に実行し続けることは至難の技です。忙しくてトレードできないときもあれば、精神的にルールを守ることができないこともあります。

そんなときに、機会的にルールに従ってトレードをし続けてくれる、自動売買ソフトは大きな力を発揮します。いくつかのシステムを複数検証しながら、最適な自動売買のルール構築を目指すことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です