オートレール/マネックス証券

オートレール注文とは

オートレールとは、マネックス証券が提供しているリピート系発注機能のことです。設定したルール通りに自動で注文を繰り返します。

オートレールの大きな特徴は「トレール注文をリピート発注する機能」と言っていいでしょう。

オートレールでは「トレール注文」が基本形となります。

トレール注文とは

トレンド形成時に損切りラインを実勢レートに合わせていくことで、トレンドと逆方向にレートが動いたら損切り、トレンドが伸び続ければ利益を伸ばし続ける注文方法です。

オートレールでは、この「トレール注文」を設定したトリガー(買い方向、○円間隔、○本配置)に合わせて自動的に注文を繰り返す仕組みとなっています。

リピート系発注機能の中でも、シンプルな仕組みになっていて、トレンド形成時に大きく利益を伸ばせるリピート系発注機能と言えるでしょう。

また、取引手数料も

  • 1枚以上の場合:無料
  • 1枚未満の場合:0.1枚あたり30円
ですので、1枚(1万通貨)以上の注文であれば無料で利用することができます。

選択型のリピート系発注機能よりは設定条件が明解でわかりやすいため

  • 基準価格
  • トリガーの仕掛け方向
  • トリガーの仕掛け間隔
  • トリガー本数
  • トレール幅
意図しない動きで注文が発注されることはなく、裁量トレードの延長線上の注文方法として活用できます。

注文ルールが複雑で自動的に注文が繰り返されるよりは、基準価格とトレール注文の設定で意図した動きでリピート発注ができるので、裁量トレードの投資家にもおすすめできます。

オートレール/マネックス証券

7

自動売買システムの使いやすさ

7.8/10

ストラテジーの選択肢の多さ

6.0/10

収益性の高さ

7.2/10

情報の質と数

6.5/10

サポートの質

7.3/10

良い点

  • 大手証券会社「マネックス証券」が提供
  • 1万通貨以上であれば取引手数料は無料
  • トレール注文が繰り返される
  • トレンド相場で利益を稼げる
  • 1000通貨からトレード可能

悪い点

  • ある程度は自分で相場を読んで設定する必要がある
  • レンジ相場に弱い

オートレール注文概要

口座名外貨ex
リピート機能名オートレール
設定条件通貨ペア
ポジション方向(買い/売り)
注文数量
基準価格
方向
値幅
本数
トレール幅
有効期限
注文方法ボラティリティ方式
レンジ追尾機能
自動売買対象通貨ペア13通貨ペア
スプレッド
(米ドル/円)
0.5銭
原則固定(例外あり)
取引単位1千通貨

オートレール注文/マネックス証券のメリット

  • 大手証券会社「マネックス証券」が提供
  • 1万通貨以上であれば取引手数料は無料
  • トレール注文が繰り返される
  • トレンド相場で利益を稼げる
  • 自分で設定するので注文ルールがわかりやすい
  • 1000通貨からトレード可能
  • 22通貨ペアでトレード可能
  • スワップ金利が高い

オートレール注文/マネックス証券のデメリット

  • ある程度は自分で相場を読んで設定する必要がある
  • レンジ相場に弱い

オートレール注文の評価ポイント

concierge

最大の特徴は「トレール注文」を前提としたリピート発注機能である点です。

一般的なリピート系発注機能よりも「発注される条件」がクリアであり、自分で設定できるため、想定外の注文が発注されるということがほとんどありません。

  • 基準価格
  • トリガーの仕掛け方向
  • トリガーの仕掛け間隔
  • トリガー本数
  • トレール幅

を設定するので

  • 強いトレンドができそうだなと感じたときに設定して放置
  • レンジ相場になったら解除

というような裁量トレードを少し自動化したような使い方でおすすめです。

基準価格を設定するため、完全放置に向いているリピート発注機能ではありませんが、その分自分で決められる項目も多いので、使い方によっては利益を出しやすいリピート発注機能です。

オートレール注文設定方法

「オートレール/クイック注文」から「オートレール」を選択します。

オートレール注文設定方法

注文内容を設定します。

オートレール注文設定方法
  • 通貨ペア:通貨ペアを選ぶ
  • 売買:ポジションの方向を決める
  • 注文数量:注文数を入力する
  • 基準価格:新規発注の基準価格を決める
  • トリガーの仕掛け方向:トリガーのポジションの方向を決める
  • トリガーの仕掛け間隔:トリガーの間隔を決める
  • トリガー本数:トリガーの本数を決める
  • トレール幅:トレー路幅を設定する
  • 有効期限:有効期限を決める

「次へ」を選択します。

実行した注文が表示されます。

オートレール注文設定方法

オートレール注文FX口座情報

スプレッド
(米ドル/円)
0.5銭
原則固定(例外あり)
スプレッド
(ユーロ/円)
1.0銭
原則固定(例外あり)
スプレッド
(英ポンド/円)
2.0銭
原則固定(例外あり)
スプレッド
(豪ドル/円)
1.0銭
原則固定(例外あり)
スプレッド
(NZドル/円)
6.0銭
原則固定(例外あり)(ただし、取引数量によって変化)
スプレッド(ユーロ/
米ドル)
1.0pips
原則固定(例外あり)
スワップ金利
(米ドル/円)
27円
スワップ金利
(ユーロ/円)
-3円
スワップ金利
(英ポンド/円)
6円
スワップ金利
(豪ドル/円)
41円
スワップ金利
(NZドル/円)
50円
スワップ金利
(南アフリカランド/円)
12円
最大レバレッジ25倍
初回入金額0円
取引単位1千通貨
デモ口座
口座数23万2764口座(2016/11時点)[※マネックス証券FX口座合計]
証拠金残高-
自己資本規制比率329.3%(2016/09時点)
資本金122億円(2016/11時点)
証拠金
信託先銀行
三井住友信託銀行、日証金信託銀行
決算情報公開
上場マネックスグループ株式会社(東証1部【8698】)

オートレール注文検証

オートレール注文口コミ

オートレール/マネックス証券

7

自動売買システムの使いやすさ

7.8/10

ストラテジーの選択肢の多さ

6.0/10

収益性の高さ

7.2/10

情報の質と数

6.5/10

サポートの質

7.3/10

良い点

  • 大手証券会社「マネックス証券」が提供
  • 1万通貨以上であれば取引手数料は無料
  • トレール注文が繰り返される
  • トレンド相場で利益を稼げる
  • 1000通貨からトレード可能

悪い点

  • ある程度は自分で相場を読んで設定する必要がある
  • レンジ相場に弱い

3 件のコメント

  • 自動売買システムの使いやすさ

    7.00

    ストラテジーの選択肢の多さ

    7.00

    収益性の高さ

    8.00

    情報の質と数

    7.00

    サポートの質

    8.00

    総合評価
    7.4点/10点
    満足

    FXトレード歴:~6か月未満
    FX取引頻度:
    FX取引損益:
    取引ツールを利用するデバイス:自分でトレードするよりも取引回数が増やせるから
    FX運用額:

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    ~6か月未満
    10万円未満の利益
    自分でトレードする時間がないから

    FX会社を選んだ理由

    自分で自動売買の条件を設定できるから
    自動売買に関するセミナーがあったから
    会社知名度が高いから

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    余った資金で定期的に副収入としてそれなりの額が入ってくる点は良かった。細かな点、レンジ幅などを自由に設定できることや、その他設定も自分のある程度納得のいく範囲で設定できる点には非常に満足している。会社の実施するセミナー参加についてもとても親切に設定などを説明していただけたしそういった機会がある時点で有意義だった。自動売買システムを取り入れたあとの細かな疑問点なども企業のフォローがあり親切に対応してもらったことが1番為になった。親切さと対応の早さが満足いく点として挙げられる。その他良かった点としては自動売買システムの導入についての説明がしっかりしていて導入に際してあまり戸惑うことなくすんなりと導入に至った点だ。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    当初からあまり知識なく自動売買システムを利用していたが、システムの設定問い合わせに少し時間がかかった事があったので不安を持つこともあった。トレードの足にもよるがレンジ幅やトレンド時には損をすることも多々あり、設定切り替えの早さがが額面に影響すること、さらに対応の早さが額面に影響することは間違いなくあるので深夜帯の対応速度は満点とは言い難かった。損を受け始めた時の迅速なトレンドの判定をする機能や別の視点での自動売買システムに対する見方でより利益を出す方法をもっと最初の頃に知りたかった。実際の経験によって得られる知識が大部分なのでこのことに関してはある程度仕方ないかなとは思っているがセミナーなどで損に対する言及が少なかったように思えた。

  • 自動売買システムの使いやすさ

    8.00

    ストラテジーの選択肢の多さ

    7.00

    収益性の高さ

    7.00

    情報の質と数

    8.00

    サポートの質

    8.00

    総合評価
    7.6点/10点
    満足

    FXトレード歴:3年~5年未満
    FX取引頻度:
    FX取引損益:
    取引ツールを利用するデバイス:自分でトレードするよりも取引回数が増やせるから
    FX運用額:簡単はじめられる

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    自分でトレードすると感情のコントロールができないから
    自分でトレードするよりもリスク分散できるから
    自分でトレードするよりも取引回数が増やせるから

    FX会社を選んだ理由

    簡単はじめられる
    通貨ペアが多い
    キャンペーンやボーナスがあったから

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    FXでは、経済指標が予想値よりも大幅に乖離したり、政情不安などの地政学的リスクが発生したり等と、思わぬ世界情勢の変化が原因となって自分が予想した方向とは逆の動きになることが往々にしてあります。また要人のコメントに左右されることも多くあり、常に最新の情報を入手しておかなければならない苦労があります。その点マネックス証券の自動売買システム「オートレール機能」は、さまざまな指標から値動きをおおまかに予測してくれ、FX初心者でもリスクコントロールができるところが安心です。新規注文はもちろんのこと、利益確定や損切りなども全て自動で行ってくれますので、リスク分散を図りながらも売買のチャンスを逃すことはありません。自動売買システム「オートレール機能」固有の手数料はなく、気軽に利用できるのが気に入っています。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    マネックス証券の自動売買システム「オートレール機能」は、利益確定等を自動で行ってくれるのは良い点でもあるのですが、物足りないと感じることもあります。それは大きく利益を伸ばす前に利益確定が行われていることがあるからです。もっとリスクオンで利益を膨らませることもできたのにと思うこともしばしばですが、一寸先は闇のFXにおいて、利益が乗っている間に利益確定させるのは鉄則ですので、不満と言ってはいけないのかもしれません。また、損切りはFXを行う上で損失を最小限に抑えるためにとても大切なことなのですが、相場がレンジの動きの中では損切りを連続で繰り返してしまうことがあります。これもリスクオフには仕方のないことかもしれませんが、精度を上げて損切りを連続させないようにしてほしいと思います。

  • 自動売買システムの使いやすさ

    8.00

    ストラテジーの選択肢の多さ

    7.00

    収益性の高さ

    7.00

    情報の質と数

    9.00

    サポートの質

    8.00

    総合評価
    7.8点/10点
    満足

    FXトレード歴:1年~2年未満
    FX取引頻度:
    FX取引損益:
    取引ツールを利用するデバイス:自分でトレードするよりも取引回数が増やせるから
    FX運用額:簡単はじめられる

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    自分でトレードするよりも取引回数が増やせるから

    FX会社を選んだ理由

    簡単はじめられる
    書籍で推奨されていたから

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    マネックスは昔から情報がしっかりとしていて好きです。市場の動きなどを把握したいときにいい情報を提供してくれます。それをもとにトレードする時期を決めたりしています。あと対応がしっかりしています。たまに海外のFXを使うのですが、日本語サポートがいまいちなところがありますが、マネックスは迅速に対応してくれました。オートレール自体有名で数多くの雑誌等で紹介されているため始める前にしっかりと勉強ができます。初めてシステムトレードをする方にとってもハードルが低いサービスの一つであると思います。ストラテジーの選択肢の多さに関してはベストとは言えませんが、マネックスの説明が分かりやすいため理解が深まりやすいので私はいいと思います。初めてシステムトレードをする人にとってはいいと思います。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    会社員であるため昼間も自分の見ていない間に勝手にトレードして儲けてほしいという甘い考えで始めたのですが、そう簡単にいくものではありませんでした。言葉で説明するのは難しいのですが、自分の予想が外れるとシステムが勝手に損切りばかりするので損が知らない間に膨らむことがありました。その為市場の方向を分析するのに長い時間をかけなければならないのと、いくら自動システムとは言ってもまだまだ技術の改善が必要な分野であるため定期的に人が目で確認しないといけません。私の場合自動システムを起動してから1~2時間に1回はうまくいっているかどうかを見るようにしています。波が悪くなると勝手に損切りを始めてしまうのでそうなる前に止めることで今のところ大きくは稼げていませんが利益を出しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です